アクションゲームって何?

アクションゲームとは、文字通りプレイヤーキャラクターを操作してアクションするゲームのことです。

リアルタイムで敵が襲い掛かってきて、それに対応しないと死んでしまったり、ゲームオーバーになってしまうのが最大の特徴となります。

シューティングゲームと並んで、最も初期から存在していたゲームのジャンルとなっています。

世界で最も有名なゲーム「スーパーマリオ」シリーズはアクションゲームの代表例であるとともに最高峰のものといってよいでしょう。

手に汗握るスリリングな感覚、そして敵を倒す爽快感がアクションゲームの大きな魅力です。

プレイしている間プレイヤーはキャラクターと一体化し、敵を倒し、先へと進んでいくことができます。

また、短期間でクリアできるタイプのものが多く、ゲームセンターに設置されるゲームの代表格としても挙げられます。

家庭用ゲームの場合は、各ステージをクリアしながらストーリーが展開しているというタイプが多くなっています。

また、90年代には対戦格闘というジャンルが大ブームになりました。

これは主に一対一の格闘技形式で対戦をするアクションゲームです。

コンピューターとの対戦はもちろん、プレイヤー同士の対戦も手軽に楽しめることから高い人気を集めました。

最近では、アクションの要素を盛り込んだFPSにやや押され気味の感もありますが、逆に手軽に楽しめる携帯ゲームでアクションゲームが多数登場するようになっています。

ゲームの原点ともいえるジャンルだけに、これからもさまざまな名作が登場していくことでしょう。