カラーリングと抜け毛の関係

日本では、今やあらゆる人がカラーリングを楽しんでいる状態です。

その理由はおしゃれのアイテムとしてカラーリングしている人が大勢いる中で、白髪隠しなどの目的でカラーリングを行っている人も非常に多くいます。

カラーリングにはいろいろな方法がありますが、髪や頭皮によって優しい方法と言うものは、実のところ存在していません。

カラースプレー、カラーシャンプー、ヘアマニキュア、ヘアダイ、ブリーチなどのカラーリングは、方法こそ異なるものの、多かれ少なかれ髪や頭皮にダメージを与えます。

そうしたダメージは抜け毛や炎症などの原因となります。

ごく少し髪の先にカラースプレーを施す、というような程度であれば髪や頭皮に与えるダメージはあまり気にしなくても良いですが。

ヘアマニキュアやヘアダイ、ブリーチなどはかなりのダメージを髪や頭皮に与えることになり、抜け毛の原因となります。

美容室によっては新しいカラーリングの方法により、髪や頭皮への負担を少なくしている場合がありますが、それでも多少ダメージが少なくなる程度で、基本的には変わりません。

最近では、カラーリングは自宅で行うことができるキットなども販売されています。

自宅で手軽にできる上、価格もリーズナブルであるため多くの人が使用していますが、こうしたヘアダイなどを使用する場合には、必ず先にパッチテストを行いましょう。

パッチテストというのは、ヘアダイの溶液などの薬剤とあなたの相性が良いかどうか、アレルギー反応などが起きないかなどをあらかじめ調べる方法です。

ヘアダイやブリーチなど負担が多いカラーリンングを行う場合は、必ず次のカラーリングとの間に休止期間を設けて、抜け毛などが発生するのを防ぎましょう。