効果的な高血圧対策は?

高血圧を改善・予防する物質としては、DHA(ドコサヘキサンエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などが挙げられます。

医療機関においても、エパデールという医薬品名でEPAが高血圧の治療に用いられています。

昔から「魚は健康に良い」とよく言われますが、その理由としてはEPAやDHAなど「N-3系多価不飽和脂肪酸」という物質が多く含まれている点が挙げられます。

特にアジやイワシ、サバ、マグロなどのいわゆる「青魚」にはDHAが豊富に含まれています。

DHAは人間の脳や目をはじめとする神経組織の働きを活性化すると考えられており、高血圧を改善する効果も認められています。

また、魚を積極的に摂ることで自然と肉食が減りますから、結果としてコレステロールの改善にも繋がります。

魚が苦手な方は、サプリメントを利用してDHAやEPAを補いましょう。

コレステロールを下げる物質としてはキトサンも効果的です。

キトサンは、胆汁酸や過剰なコレステロールと結合し、そのまま便と一緒に体外に排出されます。

食事由来のコレステロールの吸収が抑制されるため、血中コレステロールを下げる働きがあります。

塩分や脂肪などの摂りすぎ、過剰な食事によって高血圧を招いてしまう場合があります。

そんな際はコエンザイムQ10を摂りましょう。

コエンザイムQ10は、摂り過ぎた栄養をエネルギーに変え、血糖値やコレステロールの上昇を抑えます。

また、強力な抗酸化作用もあるため、血管のダメージを予防する働きもあります。